ラグビー ニュージーランド代表が踊る『ハカ』の意味とは!?

スポーツ

どうもみなさん今晩は!
しみテクダイアリーのしみテクです!(´・∀・`)

屈強な男たちが踊る試合前の舞は、見ていてとても迫力がありますよね!

今回は、そんなラグビーワールドカップでも優勝最有力候補の1つであるニュージーランド代表、『オールブラックス』が試合前に踊る『ハカ』について解説していきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハカの意味とは!?

ハカは、エネルギーや恐怖心を外に出す手段として使われます。 戦争や戦で士気を高める儀式として用いられていたようです。

「HAKA」の文字には、「HA」は息、「KA」は炎という意味があって、結束してエネルギーを外に出して、集中するため儀式のようです。

また、ニュージーランドにはさまざまな種類のハカがあります。
ある地域のハカは、「ペルペル」と呼ばれる真上に飛び跳ねる動きが特徴です。
別の地域の「Tutu Ngarahu」と呼ばれる動きは、横に飛び跳ねる動きをします。
タパラヒ」と呼ばれるハカでは、自分の体をクッションがわりに(叩いて)、エネルギーを出す動きがあります。

オールブラックスが披露するハカの動きにも、このタピラヒの動きが含まれているようです。

カパオパンゴ|ラグビー ニュージーランド代表

試合前に踊るのはなぜなのか

試合に臨む時には、世界中の国やチームと競い合いますよね。
恐怖心を払拭して、試合の前に戦う準備や心構えをするためです。

踊るハカは主に2つで。と「カ・マテ」「カパ・オ・パンゴ」です。

有名な「カ・マテ」ハカの歴史は、ある人物が紛争で敵の部族から逃げ伸びた先で作られたと言われています。
「カ・マテ」は1905年から踊られてきたハカで、「カパ・オ・パンゴ」は2005年の南アフリカ戦で披露された新しいハカです。

練習試合や重要度の低い試合では「カ・マテ」が踊られることが多く、大会の決勝や敗戦したことがある因縁の相手と対戦する時には「カパ・オ・パンゴ」が踊られることが多いようです。

「カパ・オ・パンゴ」の最後には親指で首を切る動作があり、絶対に相手を倒すという強い意気込みが感じ取れます。
ちなみに「相手の首をとる」という意味ではなく、「自らの首をかけても相手を倒す」という意味が込められています。((((;゚Д゚)))))))

ハカの中で舌を出す仕草はなにを意味するのか?

それぞれ動作、手の仕草や掛け声は、エネルギーを送っているといった意味合いがあるようです。

舌を出すのには、ひとの機能の延長といった意味合いがあります。

マオリ族はもともと文字がなくて口承文化なので、踊りなどで経験などを伝承する際に、コミュニケーションを取るために、舌が大きな役割を果たしていました。コミュニケーションのシンボルのようなものです。

ハカは、恐怖心を取り除いて、団結を与えたり、奮い立たせてくれたりするものです。戦いの他にも、お祝いや歓迎にも用いられます。例えば結婚式や授賞式、博士・修士号といった名声が与えられる時、何かを成し遂げた人が誇りを示す意味で披露されたりします。

柏市の子供たちの動画が180万回以上も再生される(ラグビー・ワールドカップ)

埋め込み動画

実は子どもたちはもともとハカを披露する予定はなく、NZ代表を一目みたいとホテル前に集まっていたようです。

もともとニュージーランドの選手たちは午後6時ごろにホテルの到着予定でしたが、交通渋滞などにより到着が大幅に遅れ、広場に集まった2400人のファンの間でも不穏な空気が流れていたようです。

そこへ「柏ラグビースクール」の子どもたちが、コーチの呼びかけに応じて、急遽ファンの前で柏ハカを披露したということでした。

なぜ子供達がハカを踊れたのかというと、柏市ラグビー協会の関係者が、NZの都市オークランドのラグビー協会と交流があり、柏市がオールブラックスの事前キャンプ地に決まった後も様々な交流活動を行ってきていました。

今年3月、オークランドのラグビーコーチが柏市を訪れた際、ラグビーを習う子どもたちがNZ国歌を披露し、そのお返しに、マオリ出身のコーチが、オリジナルの「柏ハカ」を制作し市へプレゼントしたという経緯がありました。

柏ハカの歌詞には、マオリ語で「鼓動する柏の大地よ」や、柏市のあけぼの山農業公園に咲く約16万株のチューリップをイメージした「我々はチューリップから真っ赤に燃えるように勇気と名誉をもって立つんだ」といった言葉が入っています。

柏ラグビースクールの生徒らは、事前にあったイベントで柏ハカを披露していたため、急遽でも踊ることが出来たのだという。

事態を知ったNZ代表のスティーブ・ハンセンHC(ヘッドコーチ)は地元メディアに「素晴らしい歓迎を受けた、本当に驚いたよ!」と話した、と伝えています。

柏市ラグビー協会の子どもたちによるハカ

ハカまとめ

いかがでしたでしょうか?

ハカには恐怖に打ち勝つための踊り、敵を必ず倒すという自らに向けた鼓舞という意味合いが強いようです。

筆者も、将来という見えない不安に押しつぶされないように自らを鼓舞して奮闘していきたいと思いました!(´・∀・`)

この記事が面白いと思っていただいたら、ぜひTwitterのフォローボタンをポチッとしていただけると幸いです!

では、また!

コメント