5Gで何ができるようになるの!? 新時代への準備は万端か?

テクノロジー

どうも、しみテクダイアリーのしみテクです(´・∀・`)

突然ですがみなさん、5Gって知っていますか?
最近ニュースやSoftbankのCM等でよく目にする機会が増え、また、自分自身の近い度を深める意味合いでも、今回は5Gとは一体なんなのか、詳しく解説していきたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも5Gって何!?

5Gとは、新たな通信規格である

みなさまは4Gという言葉をきたことがありますでしょうか?
4Gとは、「4th Generation」の略称であり、「第4世代移動通信システム」を意味しています。

国際電気通信連合 (ITU) が定めるIMT-Advanced規格に準拠する無線通信システムのことで、主に通信速度の高速化が挙げられ、ゲーム、SNS、アプリのインストール、Youtubeなどの動画配信サービスを見ることができるようになりました。

5Gとは「5th Generation」の略称であり、「第5世代移動通信システム」を意味します。WiFi機器によってはアクセスポイント名に5Gと表記されこともあり混同しがちですが、WiFiの5Gは5GHz帯を指しているので、全く別物です。3Gから4G、そして4Gから5Gという形で通信速度や規格、対応するデバイスが進化しており、5Gでは今までの世代更新よりもさらにレベルアップすることが期待されています。

5Gと4Gの違いは主に3つある

5Gとは通信規格のことね〜ってことでわかって頂けたところで、では実際に何が4Gと比べて良くなったのだろうか?
主に3つ違いがあるのでそれぞれご紹介していきます。

高速大容量データ通信

5Gと聞いて、「速度が速くなる」と連想する方は多いのではないでしょうか。

実際、特徴のまず1つ目は、最大で20Gbps(理論値)の通信速度を実現する「超高速で大容量な通信」です。

現在国内で移動通信システムに使われている4Gは、約100Mbps(=0.1Gbps)から1Gbps程度の通信速度ですが、それに比べ、5Gは最大で100倍もの通信速度差があります。

そのため、データ量の多い4Kや8Kと呼ばれる超高画質動画の通信にも、IoTによる膨大なデータ通信にも耐えることができ、現在より快適に通信を利用できると言われています。

重いアプリや映画のダウンロードも一瞬で終わるはずなので、とても便利になりそうです!

1000分の1秒以下の超低遅延

移動通信の遅延が1ミリ秒以下と限りなく少ない「低遅延」も、5Gの大きな特徴です。

通信の遅延が1ミリ秒以下になると、遠距離の通信でも目に見える遅延が出にくくなります。そのため、例えば現在は遅延しがちなLINEやSkypeなどのビデオ通話や、リアルタイム性が重要となるライブ中継でも、今後は遅延が出にくくなると予想されます。

もうFPSで遅延のせいだと言い訳できなくなる日がすぐそこまできているんですねぇ( ´∀`)

同時接続台数の向上

同時接続台数が向上するのも、5Gでできることに含まれます。
4Gの時には、1キロ平方メートルに10万台という台数制限がありました。しかし5Gでは1キロ平方メートルに100万台の台数制限に変わるのです。

現状の10倍のデバイスを同時に接続することができるので、電波は強いのにデータ通信が遅いといった状況が改善されるでしょう。

ゲームでは、1万人のバトルロワイヤルゲームが開催される日もくるかもしれません。
その場合、決着がつくのに相当時間がかかると思いますがw(*´∇`*)

5Gがもたらす未来とは?

スポーツ

さまざまな角度から撮られた映像を合成し、スタジアムの中に実際にいるかのような臨場感でスポーツを観戦できるようになると言われています。
現行の4Gでは、高画質な映像を複数のタブレットに送信するにはネットワークへの負荷が大きく困難でした。
そこで5Gが役立つのです。

Style'20「錦織」篇

自動運転

5Gは遠隔操作による安全な自動運転も可能にします。
緊急ブレーキシステムやハンドル操作サポートなどにとどまらず、将来的には運転を全てシステム制御した「完全自動運転車」が実現されると言われています。
また、自動運転を実現するためには、走行中の映像や周辺の地図情報を送受信することも必要です。これらの膨大なデータを低遅延で送受信するために、5Gが活躍すると言われています。

離れた場所でのセッション

5Gが実用化されれば、その超低遅延と高速通信のおかげで、まるで一緒の場所にいるかのような感覚で映像や音を共有できます。
遠く離れた友人たちと、音楽のセッション(合奏)ができたり、カラオケを楽しんだりできるようになるでしょう。

IoTやIT技術が進化してさらに便利になる

5Gが普及すればドローン、医療系技術やロボットやAIなど、現在の最先端の技術がさらに進化します。
データ通信の高速化、遅延の軽減、同時接続数が増えるということは、無線でも有線と同じような動作、挙動が再現できるということです。
例えば、VRと手元のコントローラやハンドルで農業機器を動かしたり、人間の手や経験、判断を必要とする作業を遠隔操作で行えるということです。

最近ではGoogle社が月額定額サービスのゲームプラットフォーム、Stadiaを発表しました。
コントローラーがあるだけでゲームができるといったサービスで、かつてのゲーム機本体とソフトが必要になることはなくなった革新的なサービスです。

【Stadia公式発表まとめ】PS5は潰されてしまうのか!?料金と対応ソフト解説!スタディア ステイディア スタジア Dゲイル

こういった新しいアイデアや発想が5G世代ではどんどん可能になっていくのではないかと言われています。

5Gのまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は5Gとは一体なんなのかの説明と、5Gがもたらす3つの効果によってできる事をちょこっとだけ紹介いたしました!

5Gによって私たちの生活が便利になるのは間違いありませんが、魔術化する科学技術ではありませんが、より一層ネットモラルやインターネットについての知識が必要になると感じました。

この記事が面白いと思ってくれた方はぜひTwitterのフォローボタンをポチっとしてくれるととても喜びます!(´・∀・`)

Youtuberの中田敦彦さんが5Gについて、詳しく説明してくれているので、興味のある方はぜひご覧になってください!では、また!

【経済】5Gで世界は変わる!インターネットが普及した時以上の変革が起きる〜前編〜

コメント