VRの世界で戦闘ができるように!? 「TGS2019」 

テクノロジー

どうもしみテクダイアリーのしみテクです!(´・∀・`)

今回は先日行われたTGS2019で紹介された「Duel of Gargantua」についてご紹介したいと思います!

このゲームはVRの世界で剣と盾を使って相手とガチで殴り合いをするという超シンプルなゲームなのですが、筆者はこの情報を聞いた時、もうSAOの世界観に近づいているのではないかと思わずにはいられませんでしたw

Duel of Gargantua(DoG)は6DoF対応機器を想定しているらしく、両腕と顔の位置情報を元に動作し、右手にOculus Touchコントローラを持った状態で右手を華麗に振り回す事で、VR空間内でも同じように剣を振ってくれます。

VR空間内で重厚な剣を華麗に振り回して立ち回る姿は、現実では剣を自由に振り回す機会も無いことも相まって、爽快感が今までのVRゲームとは段違いなのではないでしょうか。

ゲームプレイ中(VR機器内で)に相手を見るとそこまで不自然には感じませんが、外部視点からのリプレイデータを見ると,かなり足がガクガクしているように見えます。

こういった「剣」を使った戦闘での足裁きが重要になってくるのは、剣道やフェンシングなどのような競技を見ていれば、お分かりいたただけるのではないだろうか。

基本的なポジションから、戦闘に移行していくまでの足裁きに落とし込むような仕組みが必要で、技術的にはまだまだ発展途上な様子でした。

しかし、本作では腕の動きのゲーム内での再現性が非常に高く、剣を振ったり前に突き出す仕草がそのままVR上でも再現されます。
剣をゆっくりと突き出したりしても相手には効かず、きちんと剣を振りきらないと大きなダメージは与えられない仕様になっており、実際にプレイしてみると、そのクオリティーの高さが感じられると思います。(^ω^)

今の所は相手と真剣に斬り合うというシンプルなゲーム性のものしかありませんが、もっと技術が進めば、e-sportsとしての競技性も増すのではないかと感じましたが、案の定、将来的にはVRの普及に合わせてeスポーツでの採用も狙っているそうです。

というのも、DoGは1試合の時間が比較的短く、勝敗がはっきりしやすい点を挙げており、実際のプレーヤーの動きのカッコよさが評価されるため、戦いに強く、それでいてVR上での仕草をカッコよく決められるスタープレーヤーが生まれる可能性にも期待しているが、一方でアメリカからは「もっと動きを早くしてほしい」とのリクエストもきているらしいが、そういったコアな人は今の所少数派のようです(^_^;)

現時点ではプラットフォームが未定で、前述の通り、6DoF対応機器の全てでリリースされる可能性は高いと言われています。

5万円前後で発売している「Oculus Quest」でリリースされれば、かなり広範な普及が見込まれるため、目標達成も遠い夢ではないかもしれないせん。

将来、スタイリッシュにプレイを進めるために今から動きを練習すると良いかも( ´ ▽ ` )

まるでSAO!?VRマルチ剣劇アクションに挑戦!【SWORDS of GARGANTUA 】[ENG SUB]

コメント