ブロックチェーンって何!?メリットとデメリット、仕組みを解説します!

テクノロジー

どうもみなさんこんばんは!しみテクダイアリーのしみこうです!
本日はブロックチェーンについて解説していきたいと思います!
ブロックチェーン・・・はい、私もこの言葉を聞いた時はとりあえず布団に入って寝てましたw
正直、普段からテクノロジーに触れているエンジニアの方やパソコンに詳しい人じゃ無いとわからないんでしょ?と思う方ももしかしたらいるかもしれませんが、そんなことはありません!

今回は、このとんでもない可能性を秘めたブロックチェーンについてわかりやすく解説いたしますので、ぜひポテチを食べながらでも、音楽を聴きながらでも、う○こを出そうと踏ん張っているトイレの中でも、気軽に最後まで読んでいってください!(´・∀・`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、「分散型台帳技術」または、「分散型ネットワーク」である。

はい、わかります。心中お察しします。
意味わからないですよね?なんだよ、その漢字の羅列は?って漢字ですよね?
ご安心ください。ちゃんと説明いたします。

分散型台帳技術ってなんぞ?

分散型台帳技術を解説すると、「台帳」はお金のやりとりを記録したもので、「分散」は文字どおりあちこちに分けて保管しておくことを指しています。

つまり、めっっっっちゃくちゃ噛み砕いてわかりやすく説明すると、ブロックチェーンとは、お金のやりとりを記録したものを分散して保管しておく技術
のことです!

分散して持つとは?

先ほど台帳が散らばっていると説明しましたが、散らばっている先はどこにいっているのでしょうか?
ゴミ箱では無いことは確かですw

実は分散先は台帳の利用者になります。
つまり、お金やり取りを行なった人が、その台帳(またはその一部)を所持しているということです。

したがって、ブロックチェーン、つまり分散型台帳とは、台帳の全部、あるいは一部を、「お金のやり取りした人みんなが持っている台帳」と解釈することができます。
データを取り扱った全員が情報を共有し、保存・管理しているのです。

つまり、「お金のやり取りをする人みんなで、台帳の運営・管理をする」ことが、ブロックチェーンということになります。

みんなが台帳を所持しているので、誰が、いつ、どのような情報を台帳に書き込んだのかを明確にして共有し、偽造できないような形で保存・管理できる技術というしくみになっています。

ブロックチェーンの仕組み

block chain tecnology concept vector illustration graphic design

ブロックチェーンを成り立たせるのに必要な技術は主に4つあります。

それは、暗号化技術コンセンサスアルゴリズムP2P、そして先ほど上述した分散型台帳技術(別名:DLT)の4つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう(´・ω・`)

暗号化技術

まずはじめに、情報セキュリティを考える時に満たすべき3つの要素があります。
それは「機密性」、「完全性」、「可用性」の3つです。

  • 「機密性」とは第三者に盗聴されないように限られた人だけがデータにアクセスできるようにすること。
  • 「完全性」はデータを改ざんから保護すること。
  • 「可用性」は必要なときにいつでも安全なアクセスができることを示しています。

この3つの中でも、暗号技術の場合は、機密性と完全性を維持するための情報セキュリティの技術基盤の1つとなっています。

次に暗号化の仕組みについて、解説していきたいと思います。

暗号技術は、暗号化復号化に必要な「鍵」と「アルゴリズム」(ルール)によって成り立っています。

例えば、データの送信者が「B子さん大好きです♡」というデータを送ったとすると、この文は秘密鍵の署名によって暗号化されます。

この時、署名して暗号化すると、さっきの文はG DSRF DGAといった暗号化テキストに変換されます。

しかしこの暗号を見ただけでは、本当に送信者の人が「B子さん大好きです♡」と送ったかどうかはわかりません。

そこで、暗号化する時に使った鍵の対になっている鍵で署名をして復号化をすると、G DSRF DGAという暗号化テキストから、「B子さん大好きです♡」に変換されます。

復号化することによって、受信者側の人は送信者の人が「B子さん大好きです♡」と送ったということが分かるというわけです。

つまり、噛み砕いて説明すると、暗号化技術とは、知らない第三者に情報を漏らさないための鍵ということになります。

コンセンサス・アルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーン技術の非常に重要な仕組みの一つで、合意形成ともいわれます。

ブロックチェーン技術(分散型台帳技術)は、ネットワーク上の様々なノードのもとにデータを分散的に記録する仕組みです。

*ノードとは、ノード(node)とは、「結び目」「集合点」「節」といった意味です。コンピュータネットワークは、点(装置)とそれを結ぶ線(伝送路)で表すことができます。このときの「点」を「ノード」といい、コンピュータやルータ、プリンタなどがノードになります。

引用:KEYENCE

情報の承認作業が複数の人に分散されていると、ノードAは情報を承認したが、ノードBは情報を否認(正当なものではないと判断)した、ということが生まれてしまいます。

そこで、正しく合意が形成されるように生み出された仕組みが、コンセンサスアルゴリズムです。

ざっっっっっっっくり簡単に説明すると、上記の暗号化技術で暗号化した情報を、コンセンサスアルゴリズムの仕組みで、全員で情報の確認をするということです。(´・ω・`)

P2P

一般的なネットワークシステムでは、データや機能の提供側と利用側に役割が分割されたクライアントサーバ方式(CSS:Client Server System)がよく用いられます。

利用者が操作するクライアントからの要求に基づいてサーバがデータや機能を提供する形態で、実装や運用が容易なために広く普及しています。
ほとんどのサイトがこの形態となっています。

P2P方式はこれと正反対で、クライアントやサーバといった役割の違いがなく、同等の機能が実装されたソフトウェア同士が接続を結び、互いにデータや機能を提供し合います。

三台以上の端末が互いに通信する場合、これをP2Pネットワークと言います。

つまり、めちゃくちゃ簡単にいうと、今までのシステムと違い、サーバーとクライアントといった上下関係、ボスがいない、リーダーがいないと言えます。

分散型台帳技術

そして最後に、分散型台帳技術(DLT)です。

先ほどまでの説明をつなぎ合わせて、わかりやす〜く言うと、

情報を第三者にわからないように暗号化し、その暗号化したした情報をみんなで確認して、情報をチェーン化、分散してみんなで情報を持つ。その際にリーダー(ここでは情報が集中する箇所)はいない

と言う感じですw( ´ ▽ ` )

ごめんなさい、これ以上は語彙力なくてわかりやすくできませんでした。

でも、こんな感じのなんか公平性が高いシステムなんだなぁ〜と思っていただければ幸いです。

ブロックチェーンのメリット(利点)は主に3つある。

では、ブロックチェーンのメリットとはなんなのでしょうか?
メリットは主に3つあります(・∀・)

情報の改竄かいざんが非常に難しい

ブロックチェーンは、上述の通り、みんなで情報を保持し、何か不正があったらすぐに気づくことができます。
それにより、記録された内容を信用できるようになり、みんなが安心して利用することができるといわれています。

仮に改竄されたとしても、それを素早く見つけることが可能で、見つけ次第改ざんを修正することが可能になります。

一口に改竄するといっても、それは困難を極めます。というのも、情報がチェーン状に繋がっているのである1つの情報を改竄したら、そのブロックに繋がっている情報も全て改竄しなければならないからです。

運用コストが安価

2つ目のメリットはその運用コストの低さが挙げられます。

すでにご説明したように、ブロックチェーンは複数のノードによって、データが保存・管理されています。

これを一元管理するとしたら、莫大なコストがかかります。
サーバーだけでも相当な容量が必要ですし、その後の保守や管理費も含めたら、膨大なコストになります。

一方でブロックチェーンは、みんなでデータの管理を行うので、コストカットが実現しています。

システムの信頼性が高い

ブロックチェーンは分散管理であることで、システム全体の安定性が高いといえます。

集中管理型の場合(1つのサーバー)、何らかのトラブルでメインシステムが止まってしまったら、取引全体が停止してしまいます。
インターネットを利用している方ならわかると思いますが、サーバーが止まるとものすごく不便になりますよね。

通常は、安全策としてサブシステムを用意しておくものですが、コストを考えればそれにも限界があります。

ところが分散管理型ならば、どこかに不具合が起こっても、全体が止まるということがありません。
システム全体の安定性は、取引の信頼性を大きく左右します。その意味では、世界中のノードによって支えられているブロックチェーンには、大きな安定感があるといえます。

その安定性の高さの証拠にブロックチェーンの技術を応用したビットコインの取引は、開始から一度もシステムが停止したことはないようです。

ブロックチェーンのデメリット(欠点)

では逆にブロックチェーンのデメリットとはなんでしょうか?

ここでは主に2つのデメリットを取り上げて説明いたします。

法の整備が整っていない

ビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨は、まだまだ新しい技術です。

ブロックチェーンの技術を応用した、画期的なシステム、サービスが世界中で次々に生まれてきていますが、上記の通りそのシステムの複雑性と、法の未整備の影響で、広く普及していないと言うのが現状です。

日本では「改正資金決済法」によって仮想通貨が暗号資産が定義され、その後も金融庁を中心に、法整備や業界の健全性確保など、行政としての動きが続いてきましたが、ブロックチェーンを利用した新たなサービス、新たなビジネスを起こしたとしても、それが法的に問題ないかどうかという懸念は、常に残ってます。

ブロックチェーンの関連技術とそこから生まれるサービスの法的整備は、今や世界各国の課題にもなっています。

改竄のしにくさがデメリットになる場合もある

加えて、ブロックチェーンはその仕組みから、一度記録された情報を削除したり内容を変更したりすることが非常に困難であることは上述の通りです。

そのため、必要に応じて変更や削除が求められる情報の記録には利用ができないとされています。

特に、個人情報の取り扱いはブロックチェーンには難しいといわれています。

個人情報は個人からの要求に応じて削除する必要がありますが、ブロックチェーン上に一度記録されてしまうと、この要求に応えることはできなくなってしまいます。

個人情報に関連する用途でブロックチェーンを利用する場合には、個人情報とひもづけるための情報のみをブロックチェーン上に記録し、個人情報自体は別のデータベースに保管するといった対応が必要になるとされています。

ブロックチェーンの応用例

次に、ブロックチェーンの応用例を見ていきましょう!

ここでは主に3つの例をご紹介いたします!

仮想通貨

ビットコインのそのシステムの安全性、改竄の危険性の低さ、安定性の高さから通貨として利用できるのではないかという取り組みがなされています。

しかし、そのシステムの概念が新しすぎるために、上記のような法整備がなされていない状態ですので、通貨としては使えないが、投資の対象としては面白いといわれているようです。

災害時の安否確認

上述のビットコインのシステムが一度もダウンしていないことからも、システムダウンに対して耐性があることを活かして、災害時の安否確認サービスへの活用が始まっているようです。

ユーザが安否情報を入力すると、時系列順にブロックに記録されていき、最新の情報を参照することで、そのユーザの安否を確認することができるという仕組みのようです。

ビジネス

ブロックチェーンの技術はビジネスの世界でも役立っています。

物流業界

主に物流の管理部門で利用されていることが多く、ブロックチェーンを用いて、食品を生産から消費まで追跡することで、コストを削減できるだけでなく、食品の腐敗や病気の発生といったリスクも抑えることができる。

また、取り組みの対象を輸送から加工過程、販売・提供等までの工程まで広げ、すべてブロックチェーンに記録・管理する仕組みを構築することによるトレーサビリティシステムの確立が期待されているようです( ´ ▽ ` )

金融業界

ビットコインと並列してよく語られており、通貨、送金、決済、資金調達、運用などでブロックチェーンを用いて便利にしていこうと言う取り組みがなされているようです。(・∀・)

ブロックチェーンの将来性

ブロックチェーンは、インターンネット以来の革新的な技術と言われるほど、その将来性は期待されています。
その応用先も、上記以外にたくさん存在しています。

これだけブロックチェーンに期待があつまるのかというと、「第三者を介在させることなく、価値のやり取りを直接行うことができる」ということが挙げられると思います。

大手メーカの財務改ざんや政府での記録の隠蔽などが明らかになり、データの改竄や不正が大きな問題となっている今の日本で、ブロックチェーンはそのような不正・改ざんを防ぎ、正当な価値を受けることが出来る可能性を秘めていると世界中が注目し、多くの人がブロックチェーンで何が出来るか、日々研究開発に没頭しています。

今後、私たちが想像もしなかったような、画期的なシステムやサービスが生まれてくるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
参考までにYoutubeでブロックチェーンについてわかりやすく解説している方の動画も載せておきますので、ぜひご覧ください!

【経済】5G時代の最終兵器「ブロックチェーン」〜前編〜 人類の未来を変える大発明!
中田敦彦氏:ブロックチェーン

筆者的にはめっちゃくちゃ噛み砕いて説明したつもりですが、わかりにくいところがありましたら本当に申し訳ありません(>人<;)

ブロックチェーンの持つ可能性の一端でも理解していただけたら幸いです!

ブロックチェーンがもたらす未知の世界は、もうすぐそこまで近づいているのかもしれません!

では、また!

コメント