「クエリ」ってなんなの?記事を書く際に役立つ知識とは!?

テクノロジー

どうもみなさんこんにちは!しみテクダイアリーのしみこうです(´・ω・`)
本日は記事を書く際に重要になってくる「クエリ」についての説明をしていきます!
筆者自身、この「クエリ」というもの今まで意識せずに執筆していたこともあり、非常に後悔しております(´;ω;`)
ぜひまだ知らないという方も、もう知ってるよという方も、ご一読していただければ幸いです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「クエリ」とはそもそもなんなのか

そもそも「クエリ」とはなんなのでしょう?
「クエリ」とは、ザッッッッックリ簡単に説明すると、googleなどの検索エンジンに入力する検索キーワードのことです(´・ω・`)

検索エンジンが保持している膨大なDB(データベース)の中から、指定した文字に関連するWebページを表示するために必要な要素、それが「クエリ」ということです。

つまり、私たちが日々検索エンジンに打ち込んでいる文字のことを「クエリ」と呼びます。

検索クエリとキーワードの違い

では、検索クエリとキーワードの違いとはなんなのでしょうか?

  • 検索クエリとは
    ユーザーが検索エンジンに入力する語句やフレーズのことです。
    検索クエリは主に3つの種類があり、それぞれ「インフォメーショナルクエリ」、「トランザクショナルクエリ」、「ナビゲーショナルクエリ」があります(´・∀・`)
    この3つは後述いたします。
  • キーワードとは
    主に広告主が広告の設定、表示をする際に用いるワードの事です(´・∀・`)

つまり、検索クエリはユーザー側、キーワードは広告主側というふうに使い分けられています。

ブロガーの方たちの中で、気になるとすれば検索クエリの方ではないでしょうか?
次に検索クエリの3つの種類についてご説明いたします。

インフォメーショナルクエリ(情報型)

何か情報を知りたいときにユーザーが入力するときのクエリとなります。
例えば、「渋谷 ランチ」、「Macbook 値段」、「ブログ 作り方」など・・・

疑問の解消や解決、How toなど、一般には「knowクエリ」、「doクエリ」と呼ばれています。
私たちの生活の中で、この検索の仕方が一番多いのではないでしょうか。

トランザクショナルクエリ(取引型)

トランザクションとは、「取引」という意味で、もっともコンバージョン率の高いクエリとなっています。
例えば、「壁紙 ダウンロード」、「税理士 相談」、「ゲーム 購入」など・・・

商品や目的物がはっきりしているので、検索語に、何かしらの行動がある前提でユーザーは検索します。
そういった行動を伴うクエリから、「doクエリ」、「buyクエリ」とも言われています。

ナビゲーショナルクエリ(案内型)

ナビゲーショナルという文字からも推測できる方がいらっしゃるかもしれません。
このナビゲーショナルクエリとは、ユーザーが既に知っているWebページに遷移したいときに入力するクエリです。
例えば、「Amazonプライム」、「Youtube」、「Netflix」など・・・

そのページに行くことを目的としていることから、「goクエリ」とも言われています。

まとめ

いかがでしたでしょいうか?

記事作成をする上で、自分はどのクエリに該当するのか、それによって書き方や表現方法などが大きく変わっていく可能性もあります。

日常生活で大きく関わるのはインフォメーショナルトランザクショナルだと思いますが、そのほかにも検索クエリには種類があり、大別すると上記の3つとなります。

これからブログやECサイトを立ち上げようと考えていらっしゃる方は自分にあったクエリ記事を記入してコンバージョン率をあげましょう!

下記にGoogle Search Consoleについての解説も載せておきますので、ぜひご参考にしてみてください!

では、また!

【新SearchConsole】検索クエリを調べる方法

コメント